誰よりも強い美へのこだわり > 現代社会で認められつつあるニューハーフ

現代社会で認められつつあるニューハーフ

なにも男だから男性用の服を着ないといけないという法はありません。
生まれ出てきたときは男でも、生きて行く途上で、女性に憧れる人だっているでしょう。
自我の目覚め、とでも言うのでしょうか。
そういう人も、今の社会ではかなり存在していることも事実です。

ちょっと前までは、そういう人たちは差別の対象となっていたように思います。
ところが時代は移り変わり、そういう人も今では堂々と生きていける社会に
なりつつあるのではないでしょうか。
それは、今、あらゆるところで活躍している、
ニューハーフと呼ばれる人たちのおかげとも言えます。

男性なのに女性に憧れを抱く、あるいは、自分は本当は女なのではないだろうか、
と深く思い悩む男性もけっして少なくありません。
医学的にはそういう症状を、性同一性障害、と呼ばれているようですが、
これはニューハーフとは違ったものとされています。
ニューハーフの方々は、それを仕事にしている場合が多いようです。
最近ではよくテレビでも活躍されている方も多くいます。